食器を処分する際の目安は?

自宅の中でスペースを圧迫しがちな物として、まずは食器は挙げられます。食器は割れてしまったりしない限り使い続けられるものですので、購入する度に既に所持している食器をかぶってしまいがちとなっています。収納場所も狭くなってしまいますし、数多くの食器の中から目当ての食器を見つけ出すのは至難の業。そのため、新たな食器を入手したら処分する、そういったシステムを構築する必然性があります。基本的に、新しく購入した食器と用途が重複してしまう食器を処分しましょう。いつか使用するかも、と取っておいたとしても、食器は衛生面も非常に重視されるものですので、古い食器をわざわざ引き出してきて使用する場面は限られます。そこを考慮すると、古くなった食器の方は処分するのが賢明です。思い出がある食器は、カメラに収めるなどして処分すると、心残りが少なくなります。食器はいつになっても、気に入ったものを使用していたいもの。それを徹底するためには、古い食器は処分し新たな食器を買うというシステムを構築し、徹底していく方法がおすすめです。

©2015年:食器で笑顔を作る食器解説サイト