食器を捨てる際のマナー

幼児や子供がいる家庭では食器やガラス製品が割れてしまうことはしょっちゅうあると思います。そんな時に、つい近くに置いたゴミ箱にそのまま破片を入れてしまう時もあるのではないでしょうか。食器やガラスが割れた部分が鋭利になっていることが多く、ビニール袋やごみ袋を破ってしまう原因となります。そのうえ、その尖った破片がごみ出しをする際やごみ取集のスタッフの方に当たれば怪我の原因にもつながります。食器やガラスが割れてしまったときは、自分のことだけでなく周りの方にも気を配り、少々面倒でも処分の際には紙やチラシ、新聞紙などでしっかりと包んでから捨てるようにしましょう。これは食器以外でも、割れてしまった電球やガラス、そして鏡や花瓶などにも当てはまります。もしもの時を考えて、新聞紙などを少し貯めておくと良いかもしれません。新聞を購読していない人であっても、使用していない紙で包むなど工夫が必要です。

©2015年:食器で笑顔を作る食器解説サイト